原神

【原神】螺旋を12層まで攻略した感想とおすすめキャラ

2021年の5月後半で原神を始めてようやく螺旋の星36個を獲得することができました。

アクティブユーザーにしては到達するのが遅かったとは思いますが、これを機に螺旋について振り返っていきます。

螺旋で思ったこと8つ

無理に進める必要はない

淵月螺旋は半月に一回リセットされてその度に全層をクリアすればアイテムがもらえる秘境で、挑戦するのに原石や樹脂の消費などデメリットが存在しないコンテンツです。なので攻略できるのであれば攻略したほうがよいのですが、個人的には無理をして攻略する必要もないと思ってます。

螺旋用のパーティーを編成する場合、ストーリー用に育成しているキャラクターに加えて螺旋攻略適性のあるキャラも育成する必要があるので育成自由度は若干下がってしまいます。であれば育成は好きなキャラを優先して余裕ができれば螺旋用パーティーを育成するという順番でもよいかと思います。

効率を求める場合は螺旋向けパーティーを優先して育てたほうがよいとは思います。

課金をしなくても勝てる(はず)

星5キャラを何体か用意している僕が言うのもなんですが、課金して星5キャラを手に入れないと螺旋攻略は無理というわけでもありません。少なくとも攻略だけであればキャラの凸を進める必要性は感じませんでした。(課題以上のタイムアタックやダメージコンテストを目指すのであれば別)

理由としては、後ろでも書くのですがアタッカーキャラは誰を育ててもどうにでもなるからです。むしろ出現する敵の動きとかをしっかり知識として覚えておいたほうが攻略に近づけます。

ただ、結局はダメージを大きくするために育成することになるので、つよい武器を最初から強化したほうが無駄が少なかったりします。

シールドキャラはほしい

アタッカーはある程度ダメージが出ればどのキャラでもよいのですが、シールドキャラがいるといないでは攻略難易度は結構変わります。螺旋は時間内に敵を倒す必要があるので攻撃を避けたりのけぞったりしている時間を減らすだけでタイムを縮めることができます。シールドを張っていれば中断耐性も付与されるので攻撃に専念できますが、2パーティー分のシールドキャラを育てるのは結構骨が折れるのでシールドキャラを持ってないひとは無難に避けるしかない。

防衛用の戦略も必要

螺旋はほとんどが時間制限のバトルなのですが、一部の間で防衛バトルが挟まれます。(主に11層)

防衛戦の場合はどれだけ敵を中心に近づけないか、どれだけ敵に攻撃させないかが重要になってくるので設置物を置いて遠距離攻撃を防げる岩元素キャラや集敵効果のある風元素キャラを育てると有利になったりもします。(絶対必要とまでは言えませんが)

螺旋攻略に慣れていないと苦労する防衛戦ですが、攻略情報を頭に入れて挑めば星3クリアも可能です。

弱点属性がつけるキャラを育てる必要あり

螺旋にはアビスだとかファデュイだとか盾持ちチャールとかが出てくるのでタイムを短くするためにも敵の弱点属性のキャラを育てる必要があります。特に炎と水は活躍頻度が高いのでシーズンによっては2パーティー分育てる必要があったりします。ただ、敵のバリアを剥がすだけであれば死なない程度に育成すればよいので楽ではあります。

ver1.5の現状で炎キャラはたくさんいますが、水キャラは星5キャラを含めても4体しかいないため育てるキャラは固定化されがち。

パーティーを再編成して挑むのはあり

螺旋の各層を星6や星9で突破したい場合、パーティーによっては第1間は星3でいけるけど第2間は敵の相性が悪くて星1になってしまうということがあります。その場合は第2間向けのパーティーを編成して再度潜り直して星3を取るという方法が取れます(星3は一度取れれば問題ない)。

出現敵の相性から1つのパーティーで3間連続で攻略は難易度が上がるのでパーティーを再編成していくのがベターですがその分育成するキャラも8人以上となります。

アタッカー枠はそこそこ自由

シールド(ヒーラー)、敵の弱点属性、サブアタッカーはだいたいキャラが決まっていますが、通常時にダメージを与えるメインアタッカーについてはダメージが出せれば誰でもよいです。

属性攻撃を主体とするキャラによっては全然ダメージが入らない敵もいるので、前半と後半のアタッカーで攻撃パターンは分けて育てたほうがいいです。

役割の多いキャラは便利

色々役割を詰め込もうと思っても1パーティー4体しか組み込めないので役割が多いキャラは螺旋適性が高いです。

ディオナだとシールド + 回復 + 氷属性攻撃の3つの役割を持てますしベネットは炎属性攻撃 + バッファー(サポート) + 回復の3つの役割を持てるので螺旋適性が高いと言えます。

おすすめ育成キャラ

鍾離

星5の限定キャラなので持ってる持ってないはあるけれど、持っているなら絶対に育てて損はないです。シールドが重要なこのコンテンツで、高耐久かつずっと張りなおせる鍾離バリアがあるとないとでは全然違います。また元素爆発で相手を足止めできる役割も活かせます。

ディオナ

螺旋のシールド役に鍾離が2人欲しいけど鍾離は1人しかいないので代わりにシールドキャラを用意する必要があります。

ディオナはシールドキャラの中では祭礼の弓の効果込みで常時長時間バリアを張れるキャラなので育成優先度は高め(追記:常時バリアははれませんでした)。相手の氷攻撃を250%吸収できるのも優秀。あとは氷攻撃と回復ができる。

行秋

6凸させればサブアタッカーとしてかなり優秀になる。6凸でなくても炎の敵相手に優位なので育成しておいて損はないですが氷や水の敵相手には動きづらい特徴もあります。

ベネット

クールタイムの短い炎パンチと元素爆発による回復+味方の攻撃アップがあるので役割を持ちやすいキャラ。とりあえず育ててもいい。

スクロース

集敵用。防衛でも使えるし他の層でも敵を集めて倒したほうがタイムが短くなる。吸引力、拘束力はウェンティの方がいいけれど、限定星5キャラというのと拘束位置が上空なのでアタッカーと噛み合わないこともあって一長一短。

さいごに

あくまで螺旋攻略は次に何のキャラを育成するか決める際の指標と育成状況の確認として利用するのが負担がなくてよいと思います。何回挑戦してもデメリットはないのでトライ&エラーでやってくのでもよいです。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    ショウリおすすめしててノエルしない理由がわからん。2パーティ必要だしバリア性能だけで言えばショウリより上でしょ

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください