初心者向け

原神を今から(今更)始めるのは遅い?大丈夫な理由の紹介(2022年10月更新)

オマイオツ
オマイオツ
どうも、オマイオツです

「最近、自分の周りでも原神の話題が増えてきたんだけど、今から(今さら)始めても間に合いますか?遅くないですか?」

という質問が聞こえてきそうでしたので(幻聴)、原神を遅れてプレイし始めてもよいのかどうかについて回答をします。

結論から書くと、

今から始めても問題なし!

大きな理由として、原神はソロプレイがメインのゲームで他のプレイヤーと競う要素が少ないためです。

また、原神においてはリセマラをするメリットがあまりないので、すぐ始めてよいです。

ここからは原神を途中から始めて問題ない理由の解説と注意点を書いていきます。

原神のダウンロードはこちらから(iOS/Android)

1年遊んだ原神の感想レビューどうも、オマイオツというものです。 原神も2021年の9月でリリースから1年が過ぎましたが、まさかこのゲームを1年も遊んでいるとは...

今から始めていい理由

原神はゲームとしてもおもしろい作品ですし、他人と競う要素もありません。ソロゲーだと思ってもらっても大丈夫です。

さらに現状は初心者優遇期間とかがないので、始めてみたいと思ったときに始めてしまってOKです。

純粋に楽しい

もちろん個人差はありますが、原神はゲームとして無課金でもやりこみのできるタイトルです。

ストーリーを進めたり、冒険ランク(プレイヤーランク)をあげたり、フィールド探索をしたり、少しずつキャラ育成をしたりととにかくやることが多い。

無課金で遊べる代わりに育成にスタミナ制と毎日更新される要素があるので、そこはちょっとソシャゲ感があります…。

今から始めると軽く3ヶ月くらいは夢中で遊べると思います。(飽きるかどうかは別として)

他人と競うゲームではない

ゲームを始めようか悩む要素として大きいのは、他プレイヤーとの比較なのかなと思います。今から始めても課金しないと追いつけなさそう…とか。

ですが原神は基本ソロゲーで、オフラインのドラクエみたいな感じなのでマイペースに遊べます。

いちおうマルチプレイ要素はありますが、経験者が未経験者を助けるための役割の方がつよいです。(マルチプレイで協力するのが好きなひとには物足りないかもですが…)

これは未経験者だけでなく、一度原神を離れて復帰したひとにも言えることなので再復帰もしやすいと思います。

初心者優遇がない

始めるのが遅いのかどうかという疑問の他に、始める場合はどのタイミングがいいのか?という悩みも出るかと思います。しかし、ぶっちゃけ始めるのははやいに越したことはありません。

他のソシャゲだと無料10連キャンペーン!とかガチャアイテム大量放出!とか初心者応援アイテムセット!とかがありますが、原神では基本的にそんなものはありません。

そのため、いい意味でも悪い意味でも初心者優遇はないので、どのタイミングで始めても大丈夫です。

また、期間限定イベントでキャラクターがもらえることがあるのですが、そのイベントに参加するのにも冒険ランクの指定(始めて数週間はかかる)があったりするので、やはり始めるのは早いに越したことはありません。

「その冒険ランクとやらも課金をすればすぐ上げられるのでは?」と考えるかもしれませんが、原神の課金要素はキャラや武器の育成がメインであり、課金でゲーム進行を早めることはほとんどできません。

リセマラが不要

他のアプリゲームによくある、ガチャで優秀なアイテムが出るまでゲームデータのリセットを繰り返す行為(リセマラ)は原神において不要です。

不要というよりは、リセマラにあまりメリットがないのと、そもそもリセマラが推奨されていないと言った理由があり、そのためリセマラの時間を確保して始める必要もありません。

むしろ早く始めてゲーム内でガチャ用の原石を集めるほうがおすすめです。

注意点

今から始めても遅くないとは書きましたが、一部間に合わない要素があります。主に期間限定イベントの関係ですが…。(ver3.1時点)

期間限定ガチャのキャラや武器についてはダブル復刻が実装されてサイクルが早くなったので、昔に比べれば取り逃がしをそこまで気にする必要はなくなりました。

期間限定ストーリーが追えない

恒常実装されているストーリーはいつでも開放することができるのですが、期間限定イベントのストーリーはイベント期間中にしか観ることができません。

イベントストーリーはムービーがしっかり作り込まれてるものや割と重要なエピソードが語られたりすることが少なくなく、どうしてこのストーリーを期間限定にするの…?と思うことが多々あります。

もしかすると今後、イベントの復刻やイベントストーリーの振り返り機能が実装されるかもしれません。(が今のところは未実装)

また、イベントストーリーを追わなくてもメインストーリーの話がわからなくなるということはありません。

イベント武器が手に入らない

腐植の剣やシナバースピンドルといったイベント限定武器も期間限定イベントでしか手に入らないので現状は他の入手手段がありません。

イベント武器は星4武器であるのと使い道が限定的なのが多いのでそこまで必須というわけでもないのですが、やっぱり入手可能なのと入手不可とでは意味合いが違います。

イベント武器の方もいつか復刻される可能性はあります。

知恵の冠の絶対量が少なくなる

天賦レベルというステータスをMAXまで上げるのに必要な「知恵の冠」というアイテムも期間限定イベントで手に入るのですが、このアイテムも他で例えるとマスターボールみたいに貴重なアイテムなので参加できないイベントの分だけ他のプレイヤーと所持数に差がでます。

とはいえ、天賦レベルをMAXまで上げる必要はあまりなく、適用キャラクターを絞れば使用量に困ることもなく、ネタ育成で消費しているプレイヤーもいる、ということを考えればそこまで気にする要素ではありません。

さいごに

ハマるひとはとことんハマるゲームで基本プレイは無料なので、とりあえず始めてみることをおすすめします。スマホやPC、PS4やPS5でも遊べるのが原神のよさでもあります。(端末間のデータ共有、クロスプレイも可能です)

原神をプレイする(iOS/Android)

冒険ランクが進んでストーリーをだいたい開放できれば、そのあとはゆっくりデイリー任務をこなす感じになるので、キャラ育成に力を入れたりお休み期間を設けてもよいでしょう。

ではでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください